2005年 10月 07日 ( 1 )

「貴方」

「貴方」
暗雲の隙間から零れる月明かり
夜露の華を鮮やかに染める
揺れる髪 流れるほのかな香り
透き通る瞳に飲み込まれそう

指先の温もりを求めてさまよう
探していたのは貴方の優しき光

息遣い白く揺らめき
冷たき風は音も無く頬をかすめ
暖かき鼓動にこのまま眠り続けたい

愛しき想いを混じらせ
触れる掌掛け替えのない貴方
このまま深い夜に沈んで
貴方との瞬間を永遠に焼き付けて…


[PR]
by shingou0424 | 2005-10-07 10:41 | Poem