「ONE」

「ONE」
君には見えるかい?
明日の先に沈む陽射しが…
君は覚えてるかい?
あの日明けた朝の空を…

明日に憧れて昨日を振り返る未来
今よりもっと…あの時よりもずっと…
誰もがそう願いながら歩んで行くのかも知れないね…

人は一人で歩む事を躊躇う生き物
あまりにも脆く崩れやすい心
けれど愛しい想いや信頼という光が支えて強く羽ばたける
決して一人じゃ生きられない
もしも一人なら今の君は此処にはいない

その真実に気付けばまた前を向いて歩いて行けるさ
思うがままに歩み出せ
君はいつだって一人じゃない…


[PR]
by shingou0424 | 2005-06-27 23:48 | Poem
<< ホワイトバンドプロジェクト 「罪の果てに」 >>